BUILTLOGIC/創作日誌

builtlogic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2004年 11月 30日

ドライブ日和

b0061387_2231598.jpg今日は、千葉方面へ土地探しに出かけました。
土地探しからお手伝いをしているケースで、なかなか物件が出てこないのです。
周辺状況とか、駅との関係やらをチェックしつつ、紹介を受けている土地も確認しました。
最近は大手のディベロッパーがすぐに手を着け、建築条件付きで自社ブランドの住宅を建ててしまうという話も聞こえて来ます。
設計者にとっては頭の痛い状況です。
(もちろんユーザーにとっても!!)


今日は寒いながらも良い天気でドライブ日和でした。
磯子から湾岸線経由で京葉道路へ、なかなか快適でした。
帰りはお茶の水に用があり、写真は車窓からの東京タワーです。
大森に住んでいた頃は毎日のように見ることが出来たのですが、
横浜に戻ってからはなるべく横浜エリアで完結させることが多くて。(←これ、横浜人の習性のようですが)

# by BUILTLOGIC | 2004-11-30 22:34 | 日常にて | Comments(0)
2004年 11月 29日

新しい仕事とBebeのCD

b0061387_22212047.jpg昨日、リフォームの依頼で現地を見に伺った。TV出演の反響ではなく以前から頂いていたお話である。
今日は、既存の図面とにらめっこ。住宅ではないので多少、思考の変換が必要だ。
予想以上の規模のため、年末に向け少し忙しくなりそうな予感が。

写真は先月のブログにも書かせて頂いた、BebeのCD(BOSSA NOSSA)。
Produced by Ryota Nozaki(jazztronik)先月のライブ以来、はまっている。
このCDは、「着物でジャズ」になる前の、ブラジリアンテイストのアルバム。
その後ろは、Ryota Nozaki(jazztronik)のPiece Of Mind。ピアノの落ち着いた曲が多いです。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-29 22:24 | 音楽 | Comments(0)
2004年 11月 28日

冬のMINI

b0061387_0114523.jpgブログテーマの柱のひとつでもあるMINIのことをほとんど書いていないことに気づく。
これまでのプロフィールを簡単にご紹介。
購入は昨年の9月末であった。ある日、ふと車が欲しくなりネットを見始める。候補となったのは、国産の古い古い車(=70年代〜80年代位)、ボルボ240、そしてMINI(もちろんBM製ではない)。
国産はどう考えても維持費が莫大だろうと思い断念。
ボルボは、若造のくせに生意気だろうと、、。中古価格は激安30万円!なんてのもあるんですが、、。燃費とかも悪そうだし。
で、結局MINI。実際は相当乗りたい車ではあったのですが、コレも結構壊れるという噂もあり、、。ネットで、色、オプションの状況、走行距離などを検討しつつ、今のMINIにたどり着く。
「購入後のメンテナンスなど大丈夫ですか」との問いに、「専門工場があるから大丈夫」との返答。実際に見に行き、その場で決定。(94年製、MINI35THクラシック、1000台限定、本革仕様。別に限定に左右される性格ではないのですが、確かに本革のシートはカッコ良かった!)
”見た目は”綺麗でとても心惹かれたのです。だだし、そこからが大変。
以下は故障と修理の歴史です。
不運なことに納車1週間経たない間に原チャリに後ろから突っ込まれ、トランクとバンパーを負傷。次に、オイル漏れの症状が現れ始める、コレも1ヶ月経っていない時期に。中古車屋に問い合わせると、MINIはそんなもんだと言われる。だましだまし継続して乗ることにする。
次に、ヘッドライトのスイッチが壊れ、ライト点灯に職人技が必要になる。昨年の年末の頃である。全部合わせて、購入した中古屋に修理を依頼する。板金含め7万円。
しかし、1ヶ月経たない間に、またもやオイル漏れ。段々その量は増え、路駐の道路にいちいち斑点がつくようになる。
次に、エンジンが動き始める。(当たり前!ではなく)エンジンルーム内でエンジンが動いている。クラッチを離すと、エンジンルーム内からゴンゴン、音&振動が伝わってくる。
更に次はミョーに室内が排気ガス臭くなる。そしてエンジンの回転数が制御出来なくなってくる、、、。あぁ、それとその間、ファザード&曇り止めが付かなくなるなんてのもあったし、CDが1日1回しかチェンジが出来なくなるなんてのもあったっけ。
もう、ほとんど走行不能となり、現在のMINIのショップに駆け込んだのが今年の6月。そこで、「重傷ですー」「ひどいの買っちゃいましたねー」「ちゃんと治すか廃車にするかどちらかですよー」「でも、このモデル限定で良いですよねー」ということになり、こちらも半分意地で「じゃ、お願いします」ってことになった訳です。
修理費総額、30万円弱、、、。

3週間に及ぶ入院を経て、、、その後のMINIは快調そのもの。細かな故障はやはりあるのですが、今年の猛暑を乗り切り、冬を迎えつつあります。
久々に、仕事以外のドライブにでも行きたい気分ですが。遠出は出来るんでしょうか?

# by BUILTLOGIC | 2004-11-28 23:59 | MINIのこと | Comments(0)
2004年 11月 26日

その後。

b0061387_2055331.jpg昨日のTVの件で、ブログ上のコメントの他、たくさんの方々よりメールや電話を頂きました。どれも嬉しいコメントばかりで、とてもありがたく思いました。
住まい手の草加市@石黒さんからもお電話頂きまして、
「我が家らしいデザインのリフォームだった」とのコメント。
ご近所の評判も上々とのことでホッと胸をなで下ろしています。
あとは、3つ子ちゃんはじめ、子供達がいじめにあわなければいいのですが。
「おまえんち、ビリ!」みたいな、、。



それにしても、ゴルフ場でのシーンのコメントを多く頂き、、、。
それは、本編じゃないって!、やらされてるんだって!、
普通そんなとこ行かないって!!、、、、、。

いずれにしても、ありがとうございました。


BUILTLOGICのホームページはこちらです、ぜひのぞいて見て下さい。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-26 20:57 | 設計活動 | Comments(2)
2004年 11月 25日

TVチャンピオンに出演!!

b0061387_21225841.jpg恥ずかしながら、本日放送のTVチャンピオンに出演してしまいました。
出演の打診があったのが、9月の末、出演決定が9月の晦日。
設計期間は、それから1週間位だったであろうか?実際は、着工の前の日までが設計期間?、いや、完成するまでが設計期間のような気もするぞ??

10月13日が着工、土日は作業不可で、20日に完成。実際の工事期間は6日!
こんな経験、滅多に出来るもんではありません。
今、放送を見終わって、このブログを書いてますが、なんだかとても良く料理してくれたような気がします。
しかし、こっ恥ずかしい!酒が弱いのに、番組が終わるまでにワイン1本が空いちゃった。
ご覧になった方、感想なんぞお願い致します。
工務店さん(=相澤建工)、珪藻土・左官屋さん(=サメジマコーポレーション+村田左官工業)、大工さん(=斉藤さん)、電気屋さん、水道屋さん、解体屋さん、そして、制作会社の皆々さま、草加市@石黒さんご家族、、、、、取材に協力頂いた、クライアントの皆様。
心より感謝致します。ありがとうございました。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-25 21:24 | 設計活動 | Comments(5)
2004年 11月 24日

遺跡が出た、そして家具工場の見学

b0061387_18451714.jpg解体工事が完了し今日はお施主さんに現地確認をして頂きました。
午前中に行われた、役所による遺跡の試掘により、「遺跡調査が必要」との結果が出てしまいました、、、。まぁ、噂に聞く、長期間の工事停止・費用自己負担など、理不尽この上ない拘束を受けることはないようなので良いのですが、、、。
それにしても、ホントに遺跡が出るとは、、、。
その後、家具工事をお願いしている、クニナカさんへ向かい、
仕様の確認、工場の見学などを行いました。
古い民家のような事務所+工場で、とても良い雰囲気でした。
クニナカさんのHPはこちら

# by BUILTLOGIC | 2004-11-24 18:49 | 東府中の家 | Comments(0)
2004年 11月 23日

コンペ、再び。

b0061387_1132280.jpg先週に続き、今日も住宅設計コンペのプレゼンテーションがある。
現在、模型の梱包が終わり、プロフィールのプリントをしている。
一生に一度か二度の大仕事、大博打、、、。ってことはなくても、お客さんにとっては大変な買い物だ。プランやアイデア、デザインだけでなく、過去の作品や人間性なども判断基準になるのだろう。

工務店とうまくつき合えたり、ネゴシエーションがうまかったり、いろんな特性が評価対象になる。また、そこをうまく、さりげなくアピール出来ないと、これまた当選には至らない、、、。
作品は、好みだからコレは気が合うか合わないか、、仕方ない。
工務店とのお付き合いは、相当自信があるのだが、、、。
さぁ、今日はどんなプレゼンになるだろう、いやいや、どんな風に話そうか?

# by BUILTLOGIC | 2004-11-23 11:34 | 設計活動 | Comments(0)
2004年 11月 22日

再び、アラジン@H2201

b0061387_2485524.jpgなんとか、着火にこぎ着けました。
芯を切断し、消火が出来るようになり、綺麗なブルーフレームの炎が現れました。
このストーブ、結構強烈に暖まり、換気などもこまめに必要そう、、。
普段の設計では、夜間の蓄熱式暖房機を推奨しているのですが、自分では過去の遺物、対流式のストーブとは、、、。
いえいえ、コレはあくまで趣味ですから。その昔、子供の頃、庭でよく焚き火をしたものです。その記憶からか、火を見るのが好きで、、。まぁ、暖炉の替わりの、この骨董アラジンということで、、、。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-22 02:40 | 事務所快適化計画 | Comments(0)
2004年 11月 21日

休日の午後

b0061387_14554084.jpgアラジンのストーブ芯を購入すべく、ホームセンターへ、、、。ここでは扱いなく、確実な東急ハンズへ。16LPという品番を購入。ところが、家へ帰り装着を試みるもうまくいかず、、。というより消火のダイヤルをめいっぱい下げても火が消えない。というわけで、インターネットで私の持っているアラジンの品番を調査してみました、、、。



「H2201」→1960年〜、イギリス仕様。なんだか予想以上に古いモノらしく、交換の芯もコレは対応していない模様、、。
写真は、ホームセンターから東急ハンズへ移動中の景色、山下公園の前の通りです。
やっぱりこの辺の雰囲気はいいもんですね。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-21 14:45 | 日常にて | Comments(0)
2004年 11月 20日

親戚リフォーム

b0061387_14434188.jpg■親戚宅リフォームの概要
LDKの壁・天井 → シナ合板目透かし貼へ
玄関〜階段〜2階廊下 → 繊維壁を珪藻土へ
寝室の床 → パイン無垢フローリング(ア)20へ 
内部木製建具関係 → シナフラッシュ戸へ
ポイントを絞った簡易リフォームで、工期は1週間。
予算は70万円程度。
大きな変化はないのですが、部屋全体が明るくなり、
木調の雰囲気になりました。

# by BUILTLOGIC | 2004-11-20 23:30 | 設計活動 | Comments(0)