BUILTLOGIC/創作日誌

builtlogic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 07日

中古マンションをリフォームして住む・その6

今日は8月7日(火)。台風接近の影響か、曇り空で少し気温も低くなりました。

中古マンションのお話しです。
b0061387_12483107.jpg
b0061387_12482514.jpg
「残せる所はなるべく残しましょうか、、、」と話していたのですが、現場を覗くとすっかりキレイに解体されていました(笑)
(辛うじて、システムバスが残っています。)
築33年を経て、既に3回目位のリフォームだったようで、大工さん曰く、ボードが数枚重ねられていたそうです。
それに、写真をご覧頂ければ分かるように、断熱材は見当たりません。
解体の際に、気持ち程度の薄い断熱材は入っていたそうですが、、、、。

大工さん的には、床・壁・天井の水平垂直が取れていない状況は許せないらしく、進めるうちに、ほぼ全解体となったようです。
でも、こうしてもらって良かったです。
これを見ちゃうと、断熱材を入れないとな、、、と思ってしまいました。
b0061387_12582161.jpg
断熱材を吹き付けました。
上階からの雨漏れも、怪しいクラックの所には断熱材を吹いてもらって、気休め程度の対策をしました。
コンクリートの荒々しい雰囲気は、なかなか力強くて良いのですが、今回のコンセプトとは異なるので、キッチリ仕上げます。


by BUILTLOGIC | 2018-08-07 12:59 | 中古マンションをリフォームして住む | Comments(0)


<< 残暑お見舞い申し上げます      中古マンションをリフォームして... >>